HOME > 事業・活動内容 > 平成21年度事業・活動内容

地球温暖化防止パートナーシップフェア

平成21年12月12日(土) クレオ大阪中央(ホール)
主催:大阪市、なにわエコ会議
協賛:財団法人 阪神高速地域交流センター
すきやねん大阪市民運動推進委員会

「なにわエコ会議」は、大阪市と共催で「地球温暖化防止パートナーシップフェア」を開催しました。

本年は、12月7日からデンマークのコペンハーゲンで気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)が開催されており、 京都議定書に続く2013年以降の地球温暖化対策に世界で取り組むための新たな国際的枠組みについての動向に 世間の注目が集まる中の開催となりました。
今回の地球温暖化防止パートナーシップフェアは、3部構成で、 地球温暖化防止について考え、ごみ減量や省エネルギーなどの身近な環境保全行動の実践を わかりやすく楽しんでいただきながら紹介するイベントとなり、また市長が出席するなど、 会場は大勢の皆さんで賑わっていました。(来場者:約800名)

【第1部】大阪市環境表彰 表彰式

平成16年度に創設され、大阪市が市民の自主的な環境保全行動を促進することを目的として、 特に顕著な功績のあった個人、団体、事業者を表彰しました。
平松市長から、次の皆様に表彰状などが授与されました。
(受賞者)
○団体及び事業者の部

阿波座南公園ビオトープクラブ(大阪市西区)
大阪市立扇町総合高等学校(大阪市北区)
南海都市創造株式会社(大阪市中央区)
日本ペイント株式会社(大阪市北区)
日立造船株式会社(大阪市住之江区)

【第2部】「大阪市レジ袋削減協定」締結式

大阪市、市民、事業者が連携・協働して、レジ袋の更なる削減に取り組むために 「レジ袋削減協定」を締結しました。
なにわエコ会議は、市民(団体)の代表として協定の締結式に参加しました。

【協定参加者】
○事業者     イズミヤ株式会社
生活協同組合おおさかパルコープ
株式会社グルメシティ近畿
株式会社ダイエー
株式会社阪食
○市民団体    なにわエコ会議
○大阪市

【第3部】地球温暖化防止パートナーシップフェア

西村会長のあいさつに続いて、花嶋温子氏にわかりやすくご講演いただきました。

<基調講演>

テーマ「家庭からはじめるごみ減量と温暖化対策」
講師:花嶋 温子 氏 大阪産業大学 人間環境学部 生活環境学科 講師
要旨:毎日のようにマスコミでさわがれている地球温暖化問題。

実は、温暖化ガスとして廃棄物分野が直接的に原因となっている量は多くはあ りません。統計上は紙や生ごみなどを排出量としてカウントしないので驚くほど少ないのです。
しかし、すべての問題の始まりは、二酸化炭素を含むごみの行方を考慮に入れずに、 便利さや快適さを追い求めた私たちの暮らしかたでした。
ごみを減らすということは、日々の排出量を減らすということだけではありません。 ごみとなる物を作るためのエネルギーまで考えると、暮らしの中のごみ減らしこそが地球温暖化対策の始まりと言えそうです。

<講演>

テーマ「地球環境にやさしい身近な実践例」
講師:坂本 茂代 氏 NPO法人 グリーンコンシューマー大阪ネットワーク 理事

引き続き、坂本茂代氏に、日常生活の中で取組むことのできる、地球環境に負荷を かけないリサイクルや環境家計簿等の実践例を中心に、楽しくご紹介いただきました。

<イベント>

次は、日本の伝統楽器である「和太鼓」による演奏をおこなっていただきました。

・「和太鼓によるコンサート」 奏者:和太鼓「雅(みやび)」

“太鼓担いでどこまでも”を掛け声に、日本の伝統楽器「和太鼓」で人の輪をつなぎ、大人 から子どもまで楽しめる和太鼓の演奏をめざして、大阪を中心に活動し、スマトラ沖地震 で被災したタイ国、プーケット島に復興支援コンサート・日中友好の上海公演など国内外 でも活躍されている和太鼓「雅」の皆さんに和太鼓の演奏を行っていただきました。
和太鼓の迫力のある音が響き渡り、会場全体が揺れるようでした。

平成22年3月21日(日)には、NHKホール大阪にて17周年記念コンサートを開催されるそうです。

今後も、皆さんと一緒にわかりやすく楽しみながら、取り組める環境活動イベントを実施していきたいと思っています。

>>平成21年度事業・活動内容へ戻る

ホーム
なにわエコ会議とは
事業・活動内容
入会案内
情報誌
施設紹介
シンボルマークのいわれ
出前講座